アオキの戯れ言
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- - -
木々の隙間から射し込む、
オーロラの様な光。
その木漏れ日に照らされた、
草花は美しく輝き、
呼吸する音が木霊して、
僕は大きな欠伸をした。

平穏な時間ばかりだ。
そう思いたいだけかもしれないが、
自然と笑える瞬間があるのだから、
僕はその一瞬を大切にしたい。

消えてしまいそうになりながらも、
日常の他愛もない事が、
幸せだと気付いたり…
日常の辛く苦しい事が、
生きるための擦り傷で、
カサブタになり剥がれ、
新しく綺麗な心になると感じたり…

死にたいと思う事なんて、
誰にでもあって…
だけど生きているのは、
つまり、そういう事だと思うのです。

些細な一言で傷ついたり。
何気ない一言で嬉しかったり。

そこには色々な想いがあって、
言った人からしてみたら、
本当に記憶もない程、些細な事でも、
言われた人は、忘れずに覚えている。

僕は、時々思うのです。
それが人である証拠なのだと。

だから僕は、もっと素直になりたい。

酒を飲み、欠伸をしながら思った。
木漏れ日に抱かれて。




こんばんは。
いや、もうおはようか…

アオキです。

眠れないので、Blogで言葉を綴っております。

先日は悲岸企画でした。
あの場にいらした方々全員に有難う。
やっぱりバンドって楽しいね。
改めて感じたのです。

昨日は、僕がギターで所属しているバンド、signatureのアーティスト写真撮影で、

こんな所で撮りました。

とても良い写真が撮れたみたいで、完成が楽しみです。
はやくライブしたい。


それと最近、ソロ音源のレコーディングをしています。
基本アコースティックです。
今年に入ってくらいから、宅録じゃなく、ちゃんとレコーディングをして、作品を作りたいなぁ思っていました。

レコーディングは順調です。
色々なバンドマンとかに手伝ってもらったりしています。

本当に感謝。
詳細などお楽しみに。


先日、弾き語りの時に、新曲を歌いました。
「日常」と言う曲です。

素直な言葉を綴りたいと思い、歌いたいと思い作りました。
たぶん音源化すると思います。

歌詞を載せておきます。


「日常」
作詞&作曲 アオキ

短い言葉で今を縮めてたら
逃げ出したいってなって黙り込んだ
昨日の夕日の色は綺麗だったな
そんな事すら思えず 酒を呑んで心は

風邪ひいたみたいに…
寂しくなってきて…
「疲れた」なんて 言い訳吐いていた

答えなど無い途の上 彷徨っていたんだ
明日を消そうと1人で今日を生きた
死にたいと思う時間が 無駄だと言って
僕は また僕を 日常に捨てた

強がりか諦めかも分からなくて
生温くなった酒を飲み干した
今日の朝焼けの色は綺麗だったな
そんな事を思ったら 涙が溢れてきた

どうでもいいのにな…
虚しくなってきた…
「消えたい」なんて 呟きたくないのに

答えなど無い途の上 彷徨っていたんだ
明日を消そうと1人で今日を生きた
死にたいと思う時間が 無駄だと言って
僕は また心を 日常に捨てた

歌いながら途の上 彷徨っていたんだ
誤魔化したり弱音吐いて今日を生きた
生まれ変わっていく日々に 息を切らし
僕は またここで 日常を探す

繋がるために… 手探りのまま…
歩いて行こうか…





おやすみ。



音楽 comments(0) trackbacks(0)
日常


「甘えるなよ」と自分に言い聞かせ
無理をし 食欲も失せ 酒を呑んで眠る

護りたいものなんて何処にもなくて
愛されたい 馬鹿馬鹿しい 酒に溺れ眠る

そんな言葉は嘘で 全部嘘で
そんな言葉は僕で 全部僕で




こんばんは、アオキです。
最近は頻繁にBlogを更新しております。


考えている事が堪りに堪り、
憤りを感じる事がよくあります。
人に自分の気持ちを伝える事が、
とても難しい事は知ってますが、
最近とても実感する事が多くなりました。

自分に素直になりたいと、
思えば思うほど、
色々なものが遠ざかってしまう気がして、
けれどまた、
新しいものも近付くような気がしなくもないのです。

言葉を紡ぎ、
歌を歌い、
曲を発信する。
時々写真も撮る。
稀に絵も描く。
それ以外に僕が出来る事なんて無いし、
する気も無い。

正直、とても孤独を感じる事がある、
前々からかもしれないけれど、
それが生々しく自分を襲う事が多くなった。

でも、そんな事よりも
歌い、色々な人に聴いてもらえる事が、
僕はとても嬉しいのです。

その嬉しさの為だったら、
何でも出来る気がする。

ちょっと言い過ぎかな。

でも、そんな気持ちなのです。



もう8月ですね。
8月は楽しみなライブがあります。

8/11(sat) 大阪アメリカ村CLAPPER/Pangea 二ヶ所同時開催
convoy presents「ボイソニック2012」

悲岸 / imamon / Suck a Stew Dry / シゼンカイノオキテ / NONONO / the mornings / otori / いったんぶ / tacobonds / root.13 / Fragile / それ以染に / ポテコムジン / キュウソネコカミ / urema / 迷走ループ

open / start>13:30 / 14:00(会場A)13:30 / 14:30(会場B)
adv / door> ¥2000 / call(+2D ¥1000)



8/27(mon) 下北沢SHELTER
悲岸×Natural Hi-Tech Records Presents [Darkside Opportunity #1]

悲岸 / fresh! / 劇★場ゲルニカ and more

open / start>18:30 / 19:00
adv / door> ?2000 / ?2300 (+1D ?500)



8月11日は大阪に行きます。
こんぼいと言う、いつも良くしてくれる男のイベント、ボイソニック2012に出演します。

8月27日は、悲岸とナチュラルハイテックレコードの共同イベントを、
下北沢SHELTERでやります。
対バンには、僕が尊敬をしている先輩方がいる、fresh!
初対バンですが、音源を聴いてとても格好いいと思った、劇★場ゲルニカ


本当に楽しみな1日です。

皆様是非遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしております。


なんか、告知で終わるのはあまり好ましくないのですが、
本当にどちらも遊びに来てほしいイベントなので御了承ください。


それでは、僕はこれで、さようなら。



音楽 comments(2) trackbacks(0)
26
おはようございます。アオキです。
7/30で無事26になりました。

Twitterのリプライやメールで、沢山のメッセージをいただきとても嬉しかったです。

そんな誕生日の日に、沢山の方々と飲みに行きました。

これはもう毎年恒例と言いますか、
やはりお酒を飲みながら、祝ってもらえるって幸せな事だと思いました。
本当に有難う。




最近、作曲よりも作詞をする時間の方が多く、
先程、ずっと歌詞を書いていなかった曲に、歌詞を綴りました。

この曲は、いつ発表するかわかりません。
悲岸か、弾き語りか、それ以外か決まっていませんが載せておきます。




『no name』

上手く調和もとれぬまま枯れた声は
過去を消化できなくて
嘘の煙にまいた
だけど此処にいたいとか夢を抱いては
甘い世界に堕ちてゆく
僕は僕にサヨナラ

灰になってしまえたら
君になってしまえたら
廻り廻り迷い込み
後ろから襲う嫌悪感

いいから黙ってろ
自問自答 壊れそうだ
誰かの言葉で傷がついてゆく
笑えねぇな
今も変わらず
自動保存してしまうんだ
ねぇ 傷を舐めてくれ

知らない人が死んだニュースの後に
くだらないCMが流れ
垂れ流しの悲報
テレビを消して画面に反射した顔面は
うっすら笑い楽しそう
馬鹿に飲ます証をくれ

いいから 気付いてよ
自暴自棄 名無しの僕は
一人きり声を掻き乱している
笑えねぇな
今も逃げては
自業自得 くらってんだ
ねぇ 名前を呼んでくれ

灰になってしまえたら
君になってしまえたら
廻り廻り迷い込み
名前を失ってしまった

いいから黙ってろ
自問自答 壊れそうだ
誰かの言葉で傷がついてゆく
笑えねぇな
今も変わらず
自動保存してしまうんだ
あなたの言葉で死にたくなったよ

いいから気付いてよ
自尊心 消えちゃいそうだ
ねぇ 傷を舐めてくれ

そして名前を呼んで…





良い一日をお過ごしください。
さようなら。




音楽 comments(0) trackbacks(0)
ベンチに座り…
こんばんはアオキです。
7/26渋谷HOMEに遊びにいらしてくださった方々、有難うございます。

新曲をやりました。
タイトルは「悲しみ停留所」と言うタイトルにしました。
一昨日歌詞を綴り、昨日歌い、さっき歌詞の手直しをしました。
これで完成です。


歌詞を載せます。



「悲しみ停留所」

悲しみ停留所で一人きり
疲れ果て涙する時もある
思い出は僕の斜め後ろ
ゆっくりと息を潜める

代わり映えのない町 誰かの笑い声
夕暮れの孤独
何も言えなかった こんな筈じゃないのに
君の影を踏んだ

小さな嘘で空いた穴は
だんだん大きくなって溶けてゆく
何も言わずに笑っていたね
その笑顔 泣いていた

悲しみ停留所を探しては
その度に振り返る時もある
君はまだ僕の斜め後ろ
麗らかに 揺れ動いてる

何かの為になら 何か犠牲にして
そうやって生きてきた
誰かに傷付いて 誰かを傷付けて
気付けば孤独

オレンジの空は青に抱かれて
街灯が灯りだした夜
ふと思い出す君の表情は
憂鬱な色だった


悲しみ停留所を見つけて
泣き疲れ休みたくなるけれど
思い出は風に絡み僕の
背中を優しく押した

言葉には出来ない心の
欠片をゆっくりと拾い集めて
伝えられなかった言葉達を
溜め息と共に吐き出す

そしてまた歩いて行ける…





一足早くお誕生日プレゼントをいただきました。
僕の似顔絵です。
とても素敵だし似てると思います。
有難うございます。

僕はもっと沢山、僕の曲を聴いてくれる方々に、感謝の気持ちを込め歌を届けて行きたいです。

まだ、全然返せていないから。
もっと、もっと、もっと、もっと。

届け、届け、届け、届け。



音楽 comments(2) trackbacks(0)
2012.6.27 AM7:45 起床
とても嫌な夢を見て起きた

カーテンの隙間から
朝の淡い光が入り込み涙を拭った

最近 夢を見たら忘れないようにメモをしているのだが
今日の夢はメモしなくても忘れないであろう

けれど 何処かに吐き出す場所が欲しくて
こうして日記に記しています


当たり前の様にそばにいて
当たり前の様に笑っている人達がいて
当たり前の様に僕も笑って
当たり前の様に生きている

そんな当たり前の様に繰り返す毎日に
当たり前じゃない事がおきる時もある
それがもしかしたら
当たり前なのかもしれないし
運命なのかもしれない

そう

当たり前の様に消えてしまって
当たり前の様に泣いている人達がいて
当たり前の様に僕は泣けなくて
当たり前の様に僕だけ生きている


そんな夢

涙が止まらなかった
普段泣けないのに 何故こんな悪夢で涙を流してしまうんだろう
勿体無い

いや 勿体無くはないのか

わからない


昔から自分に自信が無い
外見も内面も勉強も運動も芸術も全て
でも最近 少し自信が持てるようになった

自信と言うか 支えてくれる人達がいるから
自分らしくいたいと思えるようになった

思えるようになっただけ

そう

誰かを好きになる事がとても怖い
好きになっても もう会えなくなる事に震えて
いつも 誰かを好きになってはいけないと 自分に言い聞かせている

それでも好きになってしまった時に
とても葛藤をして 逃げてしまう事もある

けれど もう変わらないとダメだ
過去の悲しみに
サヨナラじゃなくオヤスミをして

僕は僕を笑顔にさせてくれる人が好き
だから僕も笑顔にさせたい

そんな理想論をならべて
お腹いっぱいになれば苦労しないが
くだらない人間にはなりたくない
誰かを傷つける人間にはなりたくない

だけど 傷つけてしまう時もある
そして眠れない時もある
朝を迎えるのが怖い時もある
独りになりたくない時もあるし
1人になりたい時もある

そんな時に限って いつもギターを弾いて曲を作っている
そんな時に限って いつもギターを弾いて大声で歌っている

何かを遺して死にたい
僕の中にある 微々たるものだが
最大限の自信があるものを



もうすぐ6月も終わる
1年で1番嫌いだけど 好きでいたい月が終わる

沢山の紫陽花を見に行きたいな
枯れてしまわぬうちに




明日はライブだ
きっと素敵な一日が待っているに違いない

そんな半透明な期待を胸に
今日も生きようと思えるんだよ



- comments(2) trackbacks(0)
伝えられなかった言葉達
おはよう

アオキです。

4/11に発売された、悲岸 / hallelujah
購入してくださった沢山の方々、
本当に有難うございます。

今回の音源には様々な特典があったのですが、

今日は、タワーレコード渋谷・新宿店と、タワーレコードオンラインの特典である、
アオキ弾き語り音源から、

short film. 透明. イタイアイタイ.

この3曲の歌詞を載せます。



[short film]

映写機の中でカタカタ
鳴り響く君 闇に溺れて
モノクロームの砂浜で
はしゃぐ笑顔が とても眩しくてさ

砂浜にこぼれた涙
波にさらわれ 海に溶けた
君の髪が風に吹かれ
甘い潮の 匂いが香り

目が覚めた 愛しくて 悲しい…
夢を見た 目の前の スクリーンには

君がいない この瞳には
光通さず 波にさらわれて
思い出は 僕の脳裏に
ワンシーンだけ 刻み込まれてた

1人ぼっちの映画館
映写機はまだ 鳴り続けてる
眠りが浅かったせいか
ショートフィルムが 長く感じた

寂し気に 流れるエンディング
また僕は また僕は 1人ぼっち

君がいない 小さな部屋で
流れるサウンドはあの日をまた
呼び起こして 僕の脳裏に
浮かぶエンドロールは 君の笑顔

変わろうとしたって 何も変われなくて
忘れようとしたって 何も忘れられない
髪の匂いも 細い指も 太陽の様な笑顔も
全部

僕のフィルムに遺ってる
心のフィルムに遺っている



[透明]

妥協を繰り返して 諦めが染み付いた
自分を自主規制し 人に頼れない
睡眠薬をください 幻覚か幽霊か
目を閉じて隠れてた でもね 過去に縋る

昨日のニュースで観た 殺人犯の笑顔
生理的に嫌悪感 僕に似てるから
問題は限りが無くて 難問にぶち当たる
存在を消去した 僕が見えるかい?

透明さ

感情って何だっけ?
どっかにポイしちゃった 明日になれば忘れる
昨日までの僕は死んじゃった 今日からの僕は
透明人間さ 存在などない 誰も僕に気付かない
これでいいや 君もいないし 1人で生きてゆこう

感情移入すんな 苦しむだけなんだよ
夢が敗れる夢を見てる夢を見た
憂鬱な朝焼けはただ 僕の存在を消す
感性を感染させて 僕は皆になった

同類さ

君もお前も アナタもアンタも
誰も触れられやしない
だけど何故か映る世界は
滲んで揺れてる
透明人間さ 存在などない 誰も僕に気付かない
これでいいや 君もいないし 1人で生きてゆこう

存在も感情も過去に消えてく
泣いても泣いても世界は滲む



[イタイアイタイ]

変わる景色 そこに何があるというの?
夜を深くえぐり 夢を見ていたいの
望むものは 優しい貴方の温もりで
今日も1人 カッターナイフを握る

イタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイアイタイ…

なんて綺麗な言葉だろう
なんて無力な言葉だろう
歪んだ私に何が出来るの?
貴方の傍にいたいのよ

震え染まる手首 温もり流れてく
過去も今も いつも孤独を切り裂いた

イタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイアイタイ…

なんて素敵な言葉だろう
なんて寂しい言葉だろう
醜い私の歌を聴いてよ
貴方は笑ってくれるから

なんて綺麗な言葉だろう
なんて無力な言葉だろう
歪んだ私に何が出来るの?
貴方の傍にいたいのよ

365日の憂鬱…




以上です。

次に弾き語りのライブ告知です。

4/24 (tue) 渋谷wasted time
[楽人 -gakujin-]

アオキ(悲岸) / ハジオキクチ(Suck a Stew Dry) / アカリノート / 山崎充彦(warszawa) / 嘉義源太 / fuko(ナナカマド)

open / start>18:30 / 19:00
adv / door>¥1,500(+2order) / ¥2,000(+2order)
出番は4番目 20:35〜

いつも弾き語りでお世話になっている、wasted timeさん。
そこのスタッフのfukoさんや、
Suck a Stew Dryのギター、ハジオキクチさんと御一緒です。
皆さんとても素敵な歌を唄います。



5/12 (sat) 心斎橋FANJ
「SAMURAI JACK UNIVERSE 名前のないツアー 2012」

アオキ(悲岸) / SAMURAI JACK UNIVERSE / LINE wanna be Anchors / HOLGA / urema

open / start> call / call
adv / door>¥2,000 / call(+1Drink)

大阪に弾き語りしに行きます。
こちらも悲岸でお世話になっている、
心斎橋FANJさん。
豪華な対バンの中、1人で唄うのは、とても緊張するので、支えに来てください。。。



5/21 (mon) 渋谷club 乙-kinoto-

アオキ(悲岸) / シノヤマコウセイ(Suck a Stew Dry) and more...

open / start>call / call
adv / door>call / call

Suck a Stew DryのGt/Voシノヤマ君と御一緒。
先日、一緒にスタジオに入り、Ustream配信をしました。
またやろうと思いますので、是非観てくださいね。



となっております。

御予約方法は、
僕のTwitterアカウント (@a_o_a_o_a)にリプライか、DM。

悲岸の公式アカウント (@higan_official) にリプライか、DM。

僕のmixiアカウント (悲岸で検索すればすぐ見つかります。) に、メッセージ。

悲岸official site (http://higan-rock.com/)にメール。

で受付けております。

日程と、お名前と、御予約枚数を忘れずに。


皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。

悲岸 Vo/Gt アオキ




音楽 comments(0) trackbacks(0)
4/11発売 hallelujahの収録曲解説
ハレルヤ

不眠症の女性がいた。
毎日、毎日、寂しくて、悲しくて。
理由は恋愛依存による、心の乱れ。

彼は賛美歌の様だ。

彼の匂いに抱かれたくて、
彼の白濁に染まりたくて。
そんな彼のいない日々が、トラウマになってしまうよ。

そう言っていたね。


ネロ

名前の通り、フランダースの犬の主人公。
僕は、このアニメの最終回を、泣きながら観ていた。
だけど、最後にネロとパトラッシュが、天使に運ばれて、天国へ向かう時、凄く嬉しい気持ちになったんだ。
大好きな人と眠れるなんて、素敵でしょ?

そのストーリーをもとに、僕が感じた喜びや、幸せ、苦悩、矛盾、などの気持ちを歌ってます。


EOS

ギリシャ神話の、暁の女神。
そのエオースの夫である、ティーノートスになった気持ちで作りました。


darkness c(h)ord

この曲は以前、Blogで解説したので、
そちらをご覧になってください。

因みにこの曲のモデルになった人物がいて、
ジョン・ウェイン・ゲイシーと言う殺人鬼です。


Cry baby

現実なのか悪夢なのか、
泣き虫な君に送る歌。
眠れない時や、明け方に聴いてほしい。

朝が狂う。


6月のサラ

とても想いが強い曲。
彼女は紫陽花が好きだった。
そして紫陽花の様な笑顔の人だった。
僕も紫陽花が好き。
6月は、好きじゃないけど。

そんなレクイエムです。


言ノ葉 揺レル

僕が僕でいる為に歌う歌。

memento mori...
僕の好きな言葉を、僕なりに歌った歌。
僕の嫌いな言葉を、僕なりに歌った歌。

明日、死ぬかもしれないのだから、
僕はこの曲達を、ずっと歌いたいのです。
君を見ながら。




弾き語り特典音源の解説


木漏れ日

タイトル通り、木漏れ日を音にしました。


short film

数年前に、3年程お付き合いしていた人がいて、別れて少しした後、
2人で行った事のある映画館に、1人で行った時、その子の事を思い出してしまい、綴った歌。

腐っていた僕に愛をくれた人。
そんな君を愛せて、本当に良かった。
有難う。
お元気で。


透明

悲岸の1st音源(廃盤)「脳内バイタル」
に収録されていた曲

好きな曲。

消えて無くなりたい時

歌っています。
歌ってください。


イタイアイタイ

自傷行為をする女性の恋愛を描きました。
痛い、あぁ痛い。
居たい、逢いたい。
二つの意味が込められています。

純粋だけど、どこか歪んだ愛情。
僕は嫌いじゃありません。


言ノ葉 揺レルは、先程解説を書きましたので、省略。



まだまだ書きたい事はありますが、
短く曲の紹介、解説をさせて頂きました。
あとは、皆様の感性で、自由に聴いてほしいです。

悲岸 / hallelujah を購入してくださった方々。
本当に有難うございます。
僕の全てを受け取ってくださり、
有難うございます。


アオキ





音楽 comments(0) trackbacks(0)
君の光
冷たくもあり

母なる海のようでもあり

暖かい空のようでもある






熱くもあり

心を落ち着かせる灯火でもあり

流れる血のようでもある






優しくもあり

揺れる草木のようでもあり

柔らかく和らげる






その三色が合わさり

僕らは鮮やかな光を

見る事が出来るのです



君の

青と

赤と

緑は

三原色は何処にありますか?

君の光を

僕は見ることができますか?



見たいなぁ






















- comments(0) trackbacks(0)
近状
こんにちは アオキです

こんな時間帯に
blogを更新するのは
初な気がする


まず
YouTubeにて悲岸第二弾PV
『ハレルヤ』が公開されました
『COUNT DOWN』に続き
とても良いPVになっています
皆観てね


続いて
the interviewsと言うのを始めました

僕に聞きたい事があれば気軽にどうど
答えられる範囲内の質問であれば
すぐに答えます

http://theinterviews/aokinozaregoto


次回のライブは
11/24
大阪は心斎橋
twice cafeにて
弾き語りライブをします
弾き語りでは初遠征
とても楽しみです
大阪はお客さんやバンドマン
ライブハウスのスタッフさんの人柄が大好きです
なので大阪で弾き語りしたい
そう思いました
有り難う


まだ弾き語りしてないから有り難うと言うのは早いか

でも
とても楽しみです



とりあえず伝えたいことは
全て伝えました


最近 頭痛持ちになりました
頭の右側だけが痛くなります
時々 立っているのも辛い時があったり
頭痛薬が手放せなくなりました
誰か治してください
このままじゃ
もふもふの毛布と
親友以上の関係になりそうです



さよなら



- comments(0) trackbacks(0)
『darkness c(h)ord』について。

とある青年がいた

ある少女に惚れ
独占欲に溺れた彼は

少女を地下室に監禁した

今が昼か夜なのかもわからない
真っ暗な地下室で

日に日に精神に異常をきたす少女

彼は
「二人ぼっち 別にいいじゃん
本当の君と おはよう」と
毎日唱えた

それが彼と少女を繋ぐ
秘密の呪文


少女は彼にとって一筋の光

少女が朽ち果てるまで…

いや
朽ち果てても…

彼は少女を愛した


darkness c(h)ord



read more...
- comments(0) trackbacks(0)
1/6PAGES >>
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links

悲岸(ヒガン)official site Link


Mobile
qrcode
Sponsored Links